2009年7月31日金曜日

こばと通信のはじまり3

さて、「印刷ってどうする?できる?」ってことにようやく気づいた2人。
こんな感じがいいなぁと集めたミニ新聞の面々。


こばと通信舎として、譲れないのは紙質
手触りのいい紙が欲しかったのです。
かつ、コストという大きなハードルがありました。

安価に出来るネット印刷通販では、私たちの予算ではツルツルの紙しか選べませんでした。
明後日新聞(写真右上)の感じいいんじゃない?」と、同紙を印刷している印刷所に伺ったところ、100部ではコストが掛かり過ぎることが分かりました。
うーん...。

いくつか、ほかの方法も考えました。
  • 紙を別に調達して、コピーサービスを利用する
  • 紙を別に調達して、リソグラフのプリントサービスを利用する
  • B4をプリントできるインクジェットプリント機を買う

いずれにしても、紙を別に調達となると、コスト面での負担が大きくなります。
「B4サイズ」と決めたものの、まずB判のコピー用紙を見かけなくなりました。
以前にはあった「再生紙」あるいは「再生紙○%」の紙も見当たりません。

やっぱり、私たちって無謀だった?
何かいい手は無いものかなぁ...と頭を悩ませていたところ、とある印刷サービスに出会ったのでした。

...つづく。

4 件のコメント:

  1. へえ、てっきりプリンターでジローさんがプリントしたのかと思ってたんですが違うみたいですねー。つづく、が楽しみになって来たなー。(笑)

    返信削除
  2. カーニバルさん、
    うちのインクジェットの方が写真はキレイに出ました。
    印刷の出来上がりを見たら、思った以上に写真が出なくて、ビックリ(汗)

    しかし、この印刷は世の中いいサービスがあるわー!と感激。私たちにはピッタリでした。
    「つづき」をお楽しみに(笑)

    返信削除
  3. 形になるまで、様々な困難をクリアし(涙)・・・・なんですね。
    私も、つづきが気になります☆

    返信削除
  4. そふぃーさん、
    様々な困難...このハードルは、好きなことをしているのだから辛くはなかったですけど、一人でやってることだったら、面倒で諦めたかもしれないですね。

    このタイミングで、妄想に火が点いて、ラッキーでした。

    返信削除